メディカルアロマの資格を徹底比較TOP

日本でも注目されだしたメディカルアロマ

ここ数年、メディカルアロマの資格の注目度が高まっています。年々需要が高まる医療現場や介護現場において、患者さんの心身ともに治療する技術として人気が高まっているのです。

また、医療現場以外でも、鍼灸師や整体師がトータルケアとして学んだり、本格的なアロマセラピストを目指す人が解剖生理学などの基礎から学んだり、精油の普及が十分とは言えない日本においても、着実に広がりだしています。

そもそも海外では、メディカルアロマは公的な医療資格としてしっかり浸透していますが、こと日本においては、これらは長年民間療法として公的な資格としては扱われてきませんでしたが、ようやく昨今、その重要性が理解されてきたのです。

当サイトでは、日本で取り扱われているメディカルアロマの資格を紹介するとともに、さまざまな現役看護師へのヒアリングのもと、日本の医療現場において有益となる資格を独自基準において判断しご紹介しています。これから医療関係に従事される方はもちろん、既に現場で活躍されている看護師さんのスキルアップとしてもぜひメディカルアロマを検討いただければ幸いです。

メディカルアロマの定義

メディカルアロマといっても、日本ではその定義は曖昧です。フランスで開発されたアロマテラピーは、もともと医療として導入されました。精油を皮膚に塗布して血液中に植物の持つ作用を浸透させたり、内服したりなど、精油が薬のように活用されています。

このような背景があるため、フランス・ベルギーでは精油治療に保険が適用されていますが、日本においてはその効果は認められつつありますが、まだ「治療」としての扱いはなく、保険の適用もされないのが現状です。

ただ、1990年代より、メディカルアロマに関する団体が日本でも普及活動をおこなうなどの影響もあり、意識の高い医療機関などでは、「月経前緊張症や更年期障害のケア、不妊症」などに活用されていたり、「鬱病や心身症の緩和としてのアロマトリートメント」「終末期のガン患者のための心身的苦痛の緩和」などにも活用されだし、その認知度やニーズは急速に高まってきています。

上記のような背景があり、メディカルアロマには法が定めるような明確な定義がなく、各団体においてその基準はバラバラです。しかし、色々な団体の基準を総合的に判断すると、「精油学として精油の作用を熟知していること」「解剖生理学や心身医学に精通していること」などが最低限の基本と言え、目指す資格を判断する際には上記のことを念頭に選ぶと良いでしょう。

日本アロマセラピー統合医学協会

日本でメディカルアロマを普及させるべく設立されたのが同協会です。設立から10年ほどと歴史が浅く、医療として認められていない日本の法律下では十分な臨床研究体勢の構築も難しいという背景もあり、同協会のメディカルアロマ資格が普及しているとは言い難い状態です。よほど、国内の協会の資格にこだわる方は別ですが、今後、医療関係もグローバル化してくることを考慮すると、IFPAのような国際ライセンスが無難と言えるでしょう。

目安の費用 受講期間 ライセンス維持費 その他
429,000円 114時間~(6ヶ月) 7,000円

日本メディカルアロマテラピー協会

2001年に誕生した同協会は、日本で設立された数少ないメディカルアロマに関する団体ですが、協会が定めるカリキュラムや認定講師のスキルなど、海外の団体と比較するとまだまだ十分とは言えない状態です。受講費用や受講時間は少なめに設定されているので、メディカルアロマの入り口として考えられている方などは良いかも知れませんが、医療機関での活用や本格的なセラピストを目指される方には、現状では十分な資格とは言い難いのが現状のようです。

目安の費用 受講期間 ライセンス維持費 その他
198,000円~ 28時間~(14回) 無料

IFPA-国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟

アロマセラピーにおいて、世界最高峰の協会と言われているのが「IFPA(イフパ)」です。国際展開しているアロマの協会の多くはイギリスに本部を置いていることが多いのですが、その本場イギリスの中でもIFPAがもっとも大きな団体だと言われています。

講習時間はいろいろな資格の中でも群を抜く最低240時間もあり、しかも教える講師自体のレベルにも厳格な基準があるため、その敷居の高さから日本では認定校が7校しかないというハードルの高さで、アロマセラピストの中でも一目置かれることは間違いない資格です。

このIFPAは、代替医療としてのアロマテラピーに力を入れていることもあり、医療機関に勤める看護師や福祉の現場で活躍する介護士などにも適した資格であると言えるでしょう。

目安の費用 受講期間 ライセンス維持費 その他
90~120万円 約2年間 16,750円/年

MLD-ドクター・ボッダー式マニュアルリンパドレナージ

ドクター・ボッダー式マニュアルリンパドレナージ(通称:MLD)とは、1930年代にエミール・ボッダー博士によって発明されたリンパマッサージ法です。現代においても投薬などによる効果的な治療法が無いとされる「リンパ浮腫」において、MLDは臨床研究でその効果が認められ、ヨーロッパを中心に医療分野でも利用されています。リンパを促進するので、リンパ浮腫などの深刻な問題以外でも、緊張や痛みの緩和、炎症の鎮静、免疫力向上、むくみやたるみの改善など、幅広い用途で使われるようになってきています。

こちらの施術はドライハンド(素手)でおこなうため、精油を使ったものではありませんが、医療従事者や本格的なセラピストを目指される方には非常に有益な資格と言えるでしょう。

目安の費用 受講期間 ライセンス維持費 その他
184,500円~ 40時間~(6日間) 無料
▼人気のメディカルアロマ講座

メディカルアロマについて

メディカルアロマの資格

関西の人気スクールを比較

メディカルアロマ資格の疑問解決